感染症にかかってしまわない為の配慮

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。
思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2020-01-29

俺の実家は食堂を営んでおります。

その昔、親父が経営していたお店に
お母さんがアルバイトとして入ったことをきっかけに結婚…

それから40年近いこれまでの歳月、
業態を何度か変更したものの今は食堂に落ち着き、
家族経営の小さなお店をずっと続けています。

自宅兼職場の小さな空間に
24時間中一緒にいる親父とお母さんは、
人もうらやむラブラブカップルというわけではないけれど、
クチも利かないくらい険悪というわけでもない…

でも、夫婦喧嘩は日常茶飯事で、
時々は食器が飛び交い、深夜に大声が響き渡ることも…
そんな、下町にありがちな夫婦です。

今から2年前のある日、
俺が職場から家に帰ると、不穏な空気が家中に充満していました。

夫婦喧嘩はいつものことだけど、
その日は少し様子が違うようだったので、
とりあえず、喧嘩して興奮している2人の間に入り、
話を聞くことにしました。

話を要約すると
この不景気の中、もっとがんばらなきゃだめなのに、
お母さんが協力的ではないと、親父の怒りが爆発した様子。

その中で「店をたたむ」「生か死か」という話にまでなり、
それが不穏な空気の正体のようでした。

話すうちにどんどん感情的になり、激高する親父。
親父の怒りが収まるのをダンマリを続けて待つお母さん。

2人の間に入りながら、俺自身は、
「小さいときからこうやって両親の喧嘩の仲裁してたな…」
「夫婦喧嘩は犬も食わない…っていうけど、
息子が食べてもだめなものだったんだなぁ…」
というようなことを感じていました。

その日は3人で話し合い、
「みんなで協力しあっていこうよ」と納得しあって終了。

俺は会社勤めなので、
PCでのメニュー作りなど外部的なサポートをすることに…