レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。



レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:2020-01-15

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素トレーニング。

有酸素トレーニングはシェイプアップに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンストレーニング」と言われるトレーニングです。

レジスタンストレーニングと言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベルトレーニングやストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかけるトレーニングのことです。

これらのトレーニングは、
有酸素トレーニングのように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して体質を動かすので、
無酸素トレーニングとも言われます。

レジスタンストレーニングの主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

体質を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンストレーニングは、
筋肉を刺激したり増やすためのトレーニングです。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素トレーニングをした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンストレーニングをした高齢者の方が
有酸素トレーニングを行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。